2016年9月22日木曜日

リネアタアゲイン

Apistogramma lineata
A. リネアタ (lineata)

Apistogramma lineata
あれ? シーズンはまだ終わってないの?

それとももう新しいシーズンに入ってるの?

ふとそんな疑問を思ってしまうこの頃。コロンビア便が留まるところを知りませんね!

そして何の前触れも無く最近リネアタが来ました。

Apistogramma lineata
初入荷が去年の冬。

『これブルト?』
『ブルトとは何か違う!』
『このメスは合ってるの?』
『おいっダニじゃね~かよぉ~(-"-)』

アピ友総出で大騒ぎになったあの時・・・。

私も数ペア導入したものの♀に恵まれず結局ペア導入が出来ず、自分とは縁が無いと判断したアピストです。

しかしいつかまたワイルドが来たらリベンジを!と思っていました。

Apistogramma lineata
↑ この個体は、ブルーが際立っている♂。

Apistogramma lineata
写真ではあまり表現出来ませんでしたが、背中の中間辺りまでブルーのラメが入っていて少し物陰に入ったりするとギラギラと輝きます。

Apistogramma lineata
リネアタ特有の通称『脳みそ隈』はまだ濃くなっていませんが、これから成長するに従い色が揚がってくることでしょう。


Apistogramma lineata
↑ こちらは赤色が際立つ個体に成長していくだろうと思われる♂。

Apistogramma lineata
まだヤングサイズですが、この大きさでお腹に赤が乗っているのでどんな個体に仕上がっていくのか楽しみ♪


Apistogramma lineata
↑ そしてこちらが、このサイズでその背鰭の高さ!?と驚いてしまう♂。

Apistogramma lineata
最初の♂個体と同じくらいの大きさですが、完全にもう出来上がっています。

Apistogramma lineata
『脳みそ隈』はまだまだ複雑に成長している途中だと思うので末恐ろしい個体です。

Apistogramma lineata
背鰭を破られないように注意しないとね(๑•̀ㅂ•́)و✧


Apistogramma lineata
さてさて、問題は♀。

自分の目でリネアタの♀を見た事が無いので何とも判断出来ませんが、間違いなくダニの♀とは違う!

ブルトの♀との区別は出来ないけど、超リーゼントの♂に傍を泳ぐ事を許されているようなので恐らくリネアタの♀だと思う。

Apistogramma lineata
今回のリネアタは、池袋のアクア○ノーテさんと京都のフ○ンさんに入りました。

当初は水槽の準備が整っていなかったので○ノーテさんから♂2匹のみ導入しましたが、やっぱり♀が欲しいなぁ~と思っていたらすごいタイミングでフ○ンさんのブログでペアを見つけて即導入!

♂3♀1体制で今回こそ繁殖にチャレンジです!(๑•̀ㅂ•́)و✧


ここまで読んでくれた方はコメントの代わりに
ポチッとしてください。アドケプターに変身します!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ